美肌 応援サイト 〜 スキンケア.JP 〜

スキンケア.JP(ドットジェイピー)とは、お肌のことで悩む全ての方のためのスキンケア応援サイトです。

スキンケアの基本(メンズ編)

こんにちは、ジュリアです。

ここ数年、身だしなみに気を使う男性が急増し、男性美容が一般的になってきました。

しかし、いまだに「スキンケアは女性のもの」と思っている男性が多いことも事実です。

スキンケアは、決して女性のためだけのものではありません。

肌がキレイで清潔感のある男性って、とても素敵ですよね。

男性も是非、積極的にスキンケアにチャレンジしてみてください。

というわけで、今回は「スキンケアの基本(メンズ編)」と題しまして、男性向けのスキンケアの正しい基礎知識について、お届けしたいと思います。

ぜひ最後まで、楽しみに読んでくださいね。

 肌の仕組みをご存知ですか?

突然ですが、肌は単なる皮ではありません。

外側から「表皮(ひょうひ)」「真皮(しんぴ)」「皮下組織(ひかそしき)」という3層構造になっていて、それぞれが独特な役割をもちながら、肌を健康に保っています。
正しいケアを行うためには、まずは肌の基本構造や役割を知っておく必要があります。

f:id:skincares:20160906111955j:plain

肌の基本その1【表皮】

f:id:skincares:20160906112216j:plain

表皮は3層からなる肌のうち、最も外側にある層ですが、その表皮自体も、さらにいくつかの層に分かれています。

最も表面の角質層(かくしつそう)はバリア機能を備え、外的刺激や紫外線などから肌を守る役割をもっています。

肌の基本その2【真皮】

f:id:skincares:20160906112315j:plain

真皮は表皮の下の層にあり、網目状のコラーゲン繊維を、エラスチン繊維がつなぎとめて支えている構造になっています。

そして、ヒアルロン酸やコンドロイチンなどのゲル状物質がその隙間を埋めていて、肌のハリと弾力を保っています。

肌の基本その3【皮下組織】 

f:id:skincares:20160906112856j:plain

皮下組織は肌の一番下の層にあり、いわゆる脂肪の固まりです。

役割としては、外部のショックから体を守るクッションの働きと、体温を維持する働きをもっています。

健康な肌を育てる3つのメカニズム

f:id:skincares:20160906113252j:plain

表皮には、肌を美しく健康に保つための3つのメカニズムが備わっていますが、肌を美しくするためには、この3つのメカニズムを正常に機能させることが大切です。

美肌のメカニズム①【ターンオーバー】

f:id:skincares:20160906113344p:plain

表皮の最も外側にある角質層は、表皮細胞がぎっしりと積み重なることで成り立っていますが、表皮細胞は、細胞分列によって絶えず生まれ変わり、古い細胞は次々と体外に排出されます。

この「細胞が生まれ死んでいく」サイクルのことを、「ターンオーバー」といい、ターンオーバーは、若々しく健康的な肌を保つための、非常に大切なメカニズムの一つです。

表皮細胞は、表皮の最も下の層の「基底層(きていそう)」で生まれ、その表皮細胞は形を変えながら上に押し上げられます。

そして、約14日間で「角質層」となり、やがて死にアカやフケとなって剥がれ落ちます。

美肌のメカニズム②【バリア機能】

ターンオーバーによって押し上げられた表皮細胞は、角質層となります。

角質層は、いわば死んだ細胞ですが、バリア機能により、外部から肌を守るという役割もっています。

例えば、角質層は、主にケラチンというタンパク質がレンガ状に積み重なることでできていて、これが細菌やウイルスなどから体を守るバリアになっています。

ただし、角質層は太陽光線もほとんどガードしますが、紫外線の一つであるUVAだけは透過してしまいます。

f:id:skincares:20160906113528p:plain

美肌のメカニズム③【細胞間脂質】

角質層には、積み重なったケラチンを固くする役割をもつ、「細胞間脂質(さいぼうかんししつ)」が組み込まれています。

細胞間脂質に含まれるセラミドは、水分を挟み込んでサンドイッチ状の構造を作る性質を持ち、水分を肌の角質層につなぎとめて、外に逃がさない機能をもっています。

ちなみに、人間が砂漠などの乾燥地帯に行っても水分を体内に貯められるのは、この細胞間脂質のおかげなのです。

f:id:skincares:20160906113930j:plain

※肌の構造について、もっと詳しく知りたい方はこちら。 

スキンケアの基本とは、まずは自分の肌を知り、やるべきことをCheckする!

f:id:skincares:20160906114315p:plain

肌の状況は一定ではなく、年齢を重ねるごとに刻々と変化していきます。

ここでは、20代、30代、40代の一般的な肌状況をご紹介しますので、これを参考に現在の自分の肌を理解し、必要なケアと対策を行ってください。

スキンケア・メンズ編その1【20代の肌】

f:id:skincares:20160906172439j:plain

20代の肌の特徴は?

1、男性ホルモンの分泌が多く、皮脂分泌が多い

2、顔がテカりやすく、ニキビもできやすい

3、皮脂が多いので、バリア機能が強い

10代から20代の男性は、皮脂分泌量が非常に多いのが特徴です。

これは、男性ホルモンが皮脂腺に働きかけて、皮脂分泌を促進させていることが大きな原因です。

皮脂の分泌が多いと、顔全体が油っぽく、テカりやニキビの原因になります。

また、10代から20代の肌は水分量も多く、表皮の角質層は潤いを保っているため、外的刺激から肌を守るバリア機能は万全です。

つまり、10代から20代の肌は、皮脂と水分の両方が多い分、肌荒れなどは起こりにくい代わりに、テカりやニキビなどには注意が必要というわけです。

美肌対策としては、洗顔と保湿、UVケアなどの基本的なスキンケアを習慣づければ、特別なケアをする必要はありません。

ただし、20代で顔のテカリが気にならないとういう人は、乾燥肌の可能性があるので、その場合は、乳液などで油分を補給してあげてください。

朝のケア

起床時は、顔がテカっているという人が多いので、まずはしっかりと洗顔をし、余分な皮脂を落とすことが大切です。

ただし、洗顔後は必ず、化粧水などできちんと保湿ケアをしてください。

そうしないと、肌が乾燥を防ごうとして、過度の皮脂を分泌させてしまい「余計に顔のテカりがひどくなる」といった現象が起こる場合があります。

ちなみに、皮脂の多い20代の男性には、「ビタミンC誘導体」配合の化粧水がオススメですね。

f:id:skincares:20160906115720p:plain

夜のケア

朝と同様に、1日の汚れや皮脂を落とすための洗顔と、水分や油分を補う保湿はしっかりと行います。

なお、「夜は寝るだけなのでテカりは気にしない」という人は、乳液は使わず化粧水のみをつけるだけでもOKですが、乾燥肌の人や日焼けなどでダメージを受けている人は保湿が必須になるので、自分の肌の状況を見て乳液も使うようにしてください。

f:id:skincares:20160906115757p:plain

ビタミンC誘導体配合の化粧水で、過剰に分泌する皮脂を抑える

テカりやベタつき、そしてニキビが気になる20代は、脱脂作用のあるビタミンC誘導体配合の化粧水がオススメです。

この化粧水は、Tゾーン(額から鼻)を中心に使用することで、皮脂の過剰な分泌を押させてくれます。

また、ビタミンCには、抗炎症作用や美白作用もあるので、ニキビを目立たなくしてくれる効果もあります。

なお、肌が乾燥しがちな人は、乳液と兼用することをオススメします。

スキンケア・メンズ編その2【30代の肌】

f:id:skincares:20160906172512j:plain

30代の肌の特徴は?

1、皮脂分泌量はやや低下

2、肌老化によるトラブルが現れることも

3、真皮のコラーゲンが減少傾向に

女性の肌の曲がり角は25歳とよく言われていますが、男性の場合は30代頃から肌の老化が始まります。

具体的には、皮脂の分泌量が少しずつ低下し、肌が乾燥する人が増加します。

特に20代の頃、皮脂の分泌が少なかった人は、乾燥によるかゆみや赤みが現れることもあり、逆に、これまで皮脂が多く肌のテカりやニキビに悩んでいた人は、徐々にトラブルが減っていきます。

どちらにせよ、30代は肌質が変化する時期なので、スキンケアの方法を見直す必要があります。

これまでベタつきが気になって乳液による保湿を避けていた人も、化粧水と乳液を1セットで考え、場合によっては美容液などを使った肌への栄養補給も考えてみてください。

また、30代後半に入ると、多くの人が老化による肌トラブルを経験しますが、その主な原因として、真皮のコラーゲンが減少することで、肌のハリが失われたりシワやたるみが目立つようになります。

ちなみに、コラーゲンを増やすには、レチノール配合のものがオススメです。

朝のケア

皮脂の分泌量が低下し、肌が乾燥しやすくなる30代は、洗顔後の保湿をこれまで以上に徹底して行ってください。

また、紫外線によるダメージは着々と蓄積され、30代後半からは、シミやシワとなって肌に現れますので、外出時はシミが出やすいこめかみから頬(ほほ)のライン(Uゾーン)と、目元を中心に日焼け止めを塗っておくことをオススメします。

ちなみに、UVケアは習慣化すれば、10年後も肌をキレイに保つことができます。

f:id:skincares:20160906120350p:plain

夜のケア

乾燥対策として、朝以上に保湿を徹底してください。

これまで、さっぱり(油分が少ない)タイプの乳液を使っていた人は、夜だけでも保湿効果の高いしっとり(油分が多い)タイプの乳液に変えてみてください。

特に乾燥しやすい冬は、クリームなどの油分が多いアイテムでケアするといいです。

また、肌質が変化してきたと感じる人は、化粧水の後に美肌成分が多く入った美容液をつけてから、乳液をつけるのもオススメです。

f:id:skincares:20160906120433p:plain

スキンケア・メンズ編その3【40代の肌】

f:id:skincares:20160906172612j:plain

40代の肌の特徴は?

1、皮脂分泌量の低下が加速し、乾燥傾向に

2、ターンオーバーのサイクルが遅くなる

3、シミやシワなどが一気に目立ち始める

30代から40代にさしかかると肌老化が進み、これまで受けてきた紫外線や乾燥などのダメージが、シミやシワ、たるみとなって現れます。

また、活発だった男性ホルモンの働きが弱まるため、皮脂分泌の量が徐々に落ちてきますので、化粧水や乳液、クリームを使って、これまで以上にしっかりと保湿をし、乾燥対策を徹底してください。

また、この年代になると通常は約28日間のターンオーバーが遅くなり、約40日間になります。

そのため、肌の再生が遅くなり、シミやニキビが治りづらくなったり、死んだ角質細胞が肌にたまることで、角質層が厚くなり、肌が硬くなってくすんでしまうこともあります。

そうなってしまったら、古い角質をピーリングなどでケアすることをオススメします。

※ピーリングについてはこちら

朝のケア

これまでは、「洗顔+化粧水+乳液」の3ステップだった朝のケアを、「洗顔+化粧水+乳液+美容液」の4ステップにシフトします。

美容液は、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンを増やす効果がある、レチノールやビタミンC誘導体が配合されたものをオススメします。

f:id:skincares:20160906152845p:plain

夜のケア

40代になると、目元や口元だけでなく、皮脂分が多いはずのTゾーンも乾燥し始めます。

肌の保湿は、さらりとした(水分の多い)乳液ではなく、油分が多く濃厚なクリームを使うのがオススメです。

油分を補うことで、肌を滑らかにする効果があります。

f:id:skincares:20160906152937p:plain

メンズ・スキンケアの5つのルール

f:id:skincares:20160906153143j:plain

ルールその1【洗顔と保湿はセットで行う】

洗顔によって取り過ぎてしまった水分や皮脂を補うために、必ず化粧水や乳液などで保湿を行ってください。

テカるのが嫌だからといって、洗顔後に何もしないでいると、肌が自ら乾燥を防ぐために、過剰に皮脂を分泌してしまうので、さらにテカりの原因となります。

ルールその2【ケアはこすらず優しく行う】

スキンケアの際に、肌をこすったり刺激を与えたりすると、その部分が炎症を起こし、色素沈着や敏感肌などのトラブルを引き起こすことがあります。

洗顔やシェービング、タオルで顔を拭く際などは、決してこすらずに優しく行ってください。

ルールその3【定期的にケアの方法を見直す】

肌の状況は、年齢や環境によって変化します。

例えば、皮脂分泌が多くバリア機能が正常な20代の肌と、様々なトラブルが発生する40代の肌とでは、ケアの方法は全く異なります。

年齢や環境に合わせて、定期的にスキンケアの方法を見直し、肌の状況に適したケアを行ってください。

ルールその4【生活習慣を見直す】

当然のことですが、肌の健康は自分自身の健康とリンクします。

寝不足だ続いたり、食事が偏って栄養不足になると、ホルモンバランスや自立神経が乱れ、肌トラブルが起こりやすくなります。

月並みですが、肌を健康にするための第一歩は、健康的な生活を送ることですね。
スキンケアをしても肌がキレイにならない人は、まずは生活習慣を見直してみてください。

ルール5【自分自身で肌の状況を見極める】

肌をキレイかつ健康的に保つには、自分自身の肌状況をしっかり見極めることが大切です。

情報社会の現代、インターネットや雑誌などで簡単に情報が手に入れることができますよね。

ただし、大多数の人が「いい」というものが、自分にも合うとは限りませんので、最終的に、自分の肌に最適な商品やケア手段を探し出すのは自分自身です。

たくさんの情報や商品を取捨選択し、自分にピッタリのものを探し出してみてください。

※スキンケアについてもっと詳しく知りたい方はこちら

最後に

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

今回は「スキンケアの基本(メンズ編)」について書いてみましたが、いかがでしたか?

繰り返しになりますが、スキンケアは今や女性だけのものではなく、男性でも大いに活用すべきと私は思っています。

肌がキレイで清潔な男性って、とても素敵ですよね。

ぜひ参考にしていただければ幸いです。

それと、スキンケアの基本については、無料で配布している「オリジナルアドバイスBOOK」でも、さらに詳しく説明しているので、是非、そちらのほうも読んでいただけると嬉しいです。

【スキンケアの基本がわかるオリジナルアドバイスBOOK】はこちら→ http://www.skincares.jp/entry/ebook

TOP ご挨拶メルマガお問合せ

-Copyright © 2016 美肌 応援サイト 〜 スキンケア.jp 〜 All rights reserved.-